子供に起きやすい睡眠障害・女性に起こりやすい睡眠の悩み

思春期に起きやすい睡眠障害があるのはご存知ですか?

朝起きられないのは怠け者じゃなく

理由があるかもしれないんです。

2018 02 02 233411 228x300 - 子供に起きやすい睡眠障害・女性に起こりやすい睡眠の悩み

女性の場合はホルモンバランスで睡眠に悩みが出たりします。

急に変わったなと思ったら女性特有のものだったりするかも。

↓こちらにも睡眠のことをまとめています。

朝起きられない、いくら寝ても眠い

スポンサードリンク

子供の場合

実は不安になっている

すべての子に当てはまる訳じゃありませんが

子供にとって夜が暗くて静かなのは不安な時間なのです。

1人で寝るようになるとその不安が大きくなり

寝るまでに時間がかかってしまいます。

そのため、良質な睡眠がとれていないのが

朝起きられない原因に繋がります。

寝る時に家族がそばにいるのが安心感を与え

熟睡することが出来ます。

起立性調節障害

多くは子供に起きますが大人にもある障害です。

自律神経系のアンバランスによって思春期に発症します。

小学生の約5%、中学生の約10%がこの症状に悩んでいます。

  • 朝起きられない
  • 集中力の低下
  • 中々寝付けない
  • 立ちくらみや頭痛
  • 食欲不振
  • イライラする
  • 動悸
  • 疲れやすく疲れが残る

これらの症状が主に見られます。

思春期に多そうなものなので判別するのは難しいですね。

原因の1つはストレスと言われています。

朝起きられない

交感神経(運動している時などに働く)と

副交感神経(体がゆったりしている時などに働く)の連携が上手く行かず

昼夜の切り替わりに正常に反応できなくて、

朝起きれなくなってしまうようです。

集中力の低下

目が覚めていても低血圧状態で体を動かせません。

集中力も思考も低くなっているので

登校しても授業をきちんと聞くことができません。

中々寝付けない

体が疲れていて眠りたくても

交感神経が活発になっていて中々寝られないのです。

夜更かしになり、ますます自律神経が乱れ

悪循環になってしまうケースも。

また目覚まし時計や大きな声で起こしても起きずに

起こされたことも覚えていないのは

起立性調節障害の症状の特徴のようです。

血圧が低く意識がはっきりしていないので、

朝の出来事が記憶にないのです。

立ちくらみや頭痛

長時間立ちっぱなしになると

立ちくらみや頭痛が起きたりします。

そのまま倒れて失神してしまう事もあるので要注意です。

起きたいのに起きられない症状が強いようなら

医療機関に相談がいいようです。

精神科や心療内科、循環器科などに受診すれば良いのですが

なるべくこの障害に詳しい先生がいる病院がいいです。

また症状が多く現れる午前中の受診が良いとされてます。

大人の起立性調節障害

大人の症状も子供とほぼ同じで

朝起きられない、起き上がると気分が悪くなるという

低血圧状態のようです。

他にも、立ちくらみ、イライラする、動悸、寝付けない

疲れやすいなど。

発症する人の約4割は子供の時に

起立性調節障害だった人のようで

原因は夜更かし、お酒、ストレスなどで

再発してしまうケースも。

治療は生活リズムの改善、薬物療法で

症状を軽減するようです。

スポンサードリンク

女性に起こりやすいもの

生理前症候群(PMS)

生理が始まる1~2週間前ぐらいから、イライラ、頭痛、眠気、腹痛など

さまざまな症状が現れます。

生理が始まると治まるのが特徴。

PMS自体は規則正しい生活

カフェインやお酒を避け適度な運動でマシになります。

その時期だけ夜早く寝て睡眠時間を増やしたり

可能なら仮眠をとったりしましょう。

またこのサプリを寝る数時間前に飲むと

寝付きが良くなり、PMS中のイライラも軽減します。

全くイライラしなくなる訳じゃないですが

飲み続けてる時と飲んでいない時じゃ大分違います。

妊娠中

妊娠するとホルモンバランスの変化や

大きくなるお腹など体の変化によって

過眠や不眠などの睡眠障害になりやすい。

妊娠初期には過眠症が起こり(眠気づわりとも言われてますね)

中期には安定した睡眠に戻り、

後期に入ると不眠症(出産の準備とも言われますね)というパターンが多い。

妊娠中はとにかく疲れやすいし

無理をさせないようにつわりが起きると言われるくらいなので

眠いなら少し仮眠をとってスッキリするのがベストだと思います。

コントロール出来るものではないので生活リズムを

整えたり、軽いストレッチがおすすめです。

また不眠の方は鉄不足かも知れないので

鉄分のサプリを早めから摂取しましょう!

このサプリは妊娠前から授乳が終わるまで飲めるのでおすすめです。

葉酸って食事じゃ中々とれないのでサプリで補うのが良いんですって!

最後に

今回、自分が睡眠に悩んでいて調べるまで

起立性調節障害というのがあるなんて知りませんでした。

改善しても大人のなった時に何かがきっかけで再発するなんて…

だらしないんじゃなく障害があるってことを知って

考え方が少し変わりました。

ただ調べてきて共通してるのは生活リズムを整えることなんですね。

とりあえず朝起きたら日の光を浴びましょう!

スポンサードリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする