「毎日髪を洗わないほうがいい」は言葉通りじゃなかった!

どうも、ロミンです。

1度は聞いたことがないですか?

「毎日、髪を洗わないほうがいいよ」って。

hair 300x269 - 「毎日髪を洗わないほうがいい」は言葉通りじゃなかった!

実際、私も美容学校に通っていた友達から聞いて

そうなんだと、ほぼ外に出ない日は洗わずにいました。

洗うのはいいけど、乾かすのが嫌だから

ラッキーとすら思ってました(笑)

でも、これ言葉通りじゃなかったんです!!

まずは洗わなくていい理由から。

スポンサードリンク

 毎日洗わなくていい理由

年齢と共に皮脂量も低下するので

洗浄力の強いシャンプーでの洗いすぎは

頭皮の負担になってしまう場合があります。

シャンプーで洗いすぎると

皮脂を過剰に取りすぎてしまい

頭皮が乾燥してしまって髪のパサつきや

かゆみ、薄毛の原因となってしまいます。

更に皮脂分泌が過剰になり、

余計に毛穴に皮脂が詰まりやすくなる場合も。

きちんと洗っているのに頭皮がベタつきやすい人は

洗いすぎが原因かも。

洗いすぎが原因の時は、シャンプーの回数を減らすことで

頭皮から出る皮脂量が少しずつ正常に戻ってきます。

ここまで読むと「あ~なるほど!毎日洗わなくていいのか」って

なりますよね?

シャンプーでは洗わなくていいけど、

洗わないといけないんですって。

シャンプーをしない日

ドライシャンプー

アメリカやヨーロッパでは髪を洗うのは2~3日に1回で

ドライシャンプーを使うのが一般的なよう。

水を使う必要がなく、余分な皮脂を吸収しつつ

いい香りとボリュームを与えてくれます。

スポンサードリンク

ドライシャンプーにはベビーパウダーが効果的で

パウダーを適量、手にとって頭皮になじませたら

パウダーが見えなくなるまで髪の根元から

ブラッシングする。

ドライシャンプー試してみた感想

ぬるま湯で洗う

ブラッシングをして汚れやほこりを落としてから

34度~38度くらいのお湯で頭皮をマッサージするように洗います。

しっかりすすげば皮脂腺が小さくなり

匂いや乾燥も防げます

因みに最初の数週間は髪がバリバリになるけど

そこを乗り越えると美髪になるんだそうです。

毎日洗った方が良い時

  • 10代~20代の皮脂分泌が多い年代。
  • 夏場などの汗をかきやすい季節や
  • スプレーやスタイリング剤を多く使用する日
  • 運動した後やお酒を飲んだ日
  • タバコが多い空間にいた日

これらは頭皮が汚れやすくなっていて

皮脂分泌も過剰になりやすいため

毎日シャンプーするようにした方がいいです。

髪の毛は寝ている間に生まれ変わっているので

その時に頭皮が汚れていたり

毛穴に皮脂が詰まっていたりすると

髪の成長が妨げられ、きれいな髪が育たなくなります。

毛穴に詰まった皮脂は時間と共に酸化してしまい

過酸化脂質となって毛根へのダメージを与え

抜け毛やかゆみ、匂いの原因になります。

毎日するときのシャンプーは?

アミノ酸系の頭皮に優しいシャンプーがいいです。

丁寧に頭全体の頭皮を洗い、

しっかりとすすぎ残しのないようにすることが大切です。

すすぎ残しは毛穴の詰まりに繋がりやすいので気を付けましょう。

髪の汚れを防ぐ

帽子をかぶることです。

花粉や紫外線、ほこりや乾燥などから髪の毛を守ってくれます。

外ではなるべくかぶるようにして

汚れがつくのを防ぎましょう!

まとめ

例外を除いて普通のシャンプーを使っている人は2日に1度にくらいにし、

洗わない日はドライシャンプーかぬるま湯で。

毎日洗う場合はアミノ酸系の優しいシャンプーを使うようにしましょう。

また帽子をかぶって髪の汚れを防ぐことも大切ですね。

スポンサードリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする